中国切手の買取相場について~歴史的変遷と現状

中国切手の買取相場は、今まさに高騰しています。
中国バブルの影響もあり、中国の資産家が投機目的で切手の収集に励んでいることが理由として挙げられるそうです。
ですので、今買取をしてもらうとかなりの高額査定を付けてもらえることが多いので、ぜひ検討してみてください。

かつては500円ほどの価値しかなかった中国切手が、現在の相場価格で何十倍にも膨らんでいるということはもはや珍しくありません。
特に日本国内に流通している中国切手の数が少ないということもあり、コレクターは必死で探している現状です。

そもそも中国切手は外国切手という分類になりますから、もともと高額買取になりやすいということがあるようですね。
外国切手を所持している日本人がそれほど多くないということもあり、査定時に高額になる可能性が高いんだそう。

また、日本郵趣協会出版委員会というところが監修している、「JPS外国切手カタログ 新中国切手」というものが毎年発行されています。
こちらは中国切手の最も有名な切手カタログとして発行されており、多くのファンがいるということです。

中国切手の買取相場を一度じっくりと調べてみると、いろいろなことがわかって面白いのではないかと思います。