中国古切手の価値と歴史

中国切手の中でも、古切手という分類について詳しくご説明します。

まず、一般的な「中国切手」とは、1949年の中華人民共和国の建国以降に発行された切手のことを指すようです。
正式名称としては、”新中国切手”などとも呼ばれているんだそう。
つまり、それ以前に発行されたものに関しては”古切手”という名称になりますね。

古切手の中でも最も古いもの、つまり最初に発行された切手は、1878年の中国清朝時代、「大龍切手」というものでした。
色は緑、青、赤、黄色があり、のちの1988年に大龍切手が発行されて110周年を記念する小型シートも販売されたほど人気が高いようです。

続いて1897年に発行された「蟠龍切手」は本格的に流通した切手としても知られており、一組三枚からなります。
上部に”大清”と「CHINA」の文字、下部に額面が印刷されているとのこと。

他にも、1909年、清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀が即位したときに発行された記念切手があります。
こちらは3種完となっており、ロンドンでの印刷が記録されているとのこと。

これらの切手はいずれも高額買取対象となっている貴重な種類です。
流通自体もほとんどないようなので、お手元にあればとてもラッキーですよ!