切手が破れたら郵便局で交換

切手は破れたら郵便局で交換できますが、そもそもなぜ破れた切手は使えないのか、そして交換できる条件などもあるのでそれらに触れていきます。

切手破れに対する認識

切手は薄い紙なので破れなどの破損確率が高いです。取り扱い時の不注意はもちろん、子どもやペットが意図せず破損させてしまうケースもあります。安い切手の破れなら交換ではなく泣き寝入りも仕方ないですが、高額な切手であればそうはいきません。
結論から言うと、郵便局で交換可能です。ただ条件があり、パズルのピースのようにビリビリに破れた切手は交換不可能です。これは単純に原型をとどめてないので、判別が難しいからです。交換するのであれば、数字の部分が破れておらず、隅が少し欠けている程度のものに限られます。少しの破れであればそのまま使う手段もよぎりますが、基本的に破損した切手は使えないので注意が必要です。

なぜ破れは駄目か、そして古い切手はどうなる

切手の破れが駄目な理由は不正を防ぐためです。もし破れが良いのであれば器用に貼り直して使う方などが現れ、秩序が乱れます。これでは郵便の商売は成り立ちません。なので少しの破れでもそのまま使うのではなく、交換をして確実に良い状態にしてから使います。
今売っている切手に関してはそのまま交換すれば良く、絶版の古い切手に対する対処も同じです。この場合絶版なので同じ古い切手に交換することはできず、描かれた金額と同じ額の切手を受け取ります。古い、新しいはあまり関係なく、古いものでも額面が判別できれば問題なく使えます。

郵便局はあくまでも交換のみ

切手が破れて、もう使わないので現金に交換しようと郵便局に行っても駄目です。郵便局はあくまでも破れた判別可能な切手を交換するのみです。無料で交換できる訳ではなく、1枚につき5円の手数料がかかります。なので額面の大きさではなく、破れた枚数が多ければ多いほど出費が大きくなります。
切手をそのまま取り換えるだけでなく、ハガキに姿を換えさせることも可能です。もちろんそれだけの切手が必要となりますが、融通がきくことは覚えておいたほうが良いです。また、5円より安い切手は手数料をかけて交換するよりも新たに購入したほうが得なので交換ばかりに捉われないことも重要です。

橋本 雅邦筆・「龍虎図」橋本 雅邦筆・「龍虎図」