現在の切手の買取価値

切手の買取額というのはとても気になるところです。切手そのものは額面がそれほど高額ではありません。ところが場合によっては驚くほどの付加価値がついて高額取引されているのが現状なのです。普通切手シートの場合は額面の80~90%前後で取引されているのが一般的のようです。査定額に差があるのは、額面の金額が高くなればなるほど高値がつくためです。記念切手シートの場合は45~85%で取引されています。シートだけでなくバラの切手も買取ってもらえるので、枚数が少ないからと気後れせずに査定することをお勧めします。ちなみにバラ切手の場合は40~85%が一般的です。これらの価格は相場ですので、例えば切手が汚れていたり折れている場合などは多少下がることも覚悟しておいたほうがいいでしょう。それでも現金にかわるわけですから、決して捨てたりせずに査定を依頼しましょう。高額買取されているのはプレミア切手というものです。もちろんこちらも切手の状態によって、買取価格には開きがありますが、額面以上の金額で取引されています。切手収集が趣味だった、遺品として沢山の切手が出てきたという場合は、プレミア切手が混ざっている可能性がありますので、是非鑑定士に査定を依頼して正しい価値をつけてもらいましょう。

歌川広重『東海道五十三次』・「桑名」歌川広重『東海道五十三次』・「桑名」