切手を処分する前に買取れるか確認

断捨離や師走の大掃除などをきっかけに不要となった切手があったとき、処分に困ってしまうということがあります。昔に比べると手紙や葉書を出す習慣が随分減ってきたため、使わなくなった切手がそのまま残っているというケースが増えているのです。一枚一枚はそれほど高値ではないとしても、使わないからといって捨てるわけにはいきません。しかし、そのまま保管していても使い道がないという場合、お勧めしたいのが切手買取なのです。見た目に古そうな切手だから価値がないだとうと思う方もいるようですが、中には古くて付加価値がつき高値で取引されることもあるのです。もちろん付加価値がつかない場合でも、額面より多少値引きされた金額で買取ってくれるのが切手買取専門店です。まずは査定に出して、どのぐらいの価値があるのか見てもらいましょう。多少の汚れや傷があっても買取ってくれる専門店もあります。お金になるかどうか素人判断で決めたりせず、専門店に査定を依頼して正しい価値をつけてもらい、不要なものを処分してお金に替えてもらえば臨時収入を得ることができます。無理だと思っていたけれど査定してもらってよかったという利用者がほとんどです。不要になった切手は是非専門店へ査定を依頼しましょう。

東北新幹線開業・新幹線と1290型蒸気機関車東北新幹線開業・新幹線と1290型蒸気機関車