もっとも高く買取られた切手

切手の買取について色々調べていると、ビックリするような高額で取引されている切手があることを知ります。要らなくなったからと譲り受けた切手シートや、遺品を整理していたらたくさんの記念切手が出てきた、記念収集が趣味だったけれど今は集めていない、という場合、数ある切手の中にはもしかしたら高値で取引されているものがあるかもしれません。素人目には分からないかもしれませんが、切手買取専門店で査定してもらえば相場に応じた金額で買取ってもらえます。一般的に高額取引されている切手をいくつかご紹介していきましょう。国内の記念切手では「見返り美人」と「月に雁」は高額取引されています。どちらも5枚1組のシートが特に高値になっており、「見返り美人」はおよそ20,000円前後、「月に雁」はおよそ25,000円前後の値段がつきます。もちろん、保存状態によって金額が上下します。

見返り美人切手月に雁

プレミア切手の代表といえば中国切手の「赤猿」です。こちらは一枚でなんと200,000円近い金額で取引されているのです。そのときの相場や保存状態によって値段は上下しますが、それでもプレミア切手の中では珍しい種類に分類されるのです。もしもお持ちになっている切手の中にこれらがあるようでしたら是非、専門店へ査定を依頼してみましょう。

赤猿切手