切手買取@東京の口コミ

切手買取をするなら東京というイメージがあります。やはりコレクターの数なども東京の方が多そうですし、東京は物価も高いから切手の買取価格も高いのではないか、と勝手に想像していたんですね。そんな私が、中国切手を東京で売るならどんな感じなのかを知るために、インターネットで東京で中国切手を買取してもらった人の体験談を集めました。以下は私が参考にした東京の方の口コミになります。
 

Aさん(金券ショップ利用) 
<オフィスの引越しの際にバラ切手がいろいろな引き出しから出てきたので、近くの金券ショップに持って行って現金化してもらおうと思いました。でも、中には外国の切手もあったようで「中国切手などはもっと専門の業者にみてもらってください」と返されました。
 

Mさん(質屋利用) 
<東京下町の質屋に、亡くなった伯父の切手コレクションをみてもらいました。前を通りかかったことがあったのでそこに質屋があることを知っていたから、その質屋を選びました。でも、その質屋の店主は切手への造詣が深くないそうで、「うーん」とか「むーん」とかはっきり値段を出してくれないので、別の業者に売り直すことにしました。
 

Bさん(オークション利用)
<原宿ショップ店員です。中国人のお客さんから切手をもらったのですが、持っていても仕方ないのでとりあえずオークション出しとく?と思って出品しました。でも、やっぱ売れませんねー。中国切手を本当に欲しい人はネットオークションを利用しないのか、私がもらった切手に価値がないのかよくわかりませんが。
 

Wさん(専門買取業者利用)
<昔、今は亡き父親が集めていた切手ファイルを処分することにしました。東京は切手買取業者がいろいろあるのですが、思い立ったその日のうちに自宅まで査定に来てくれる買取プレミアム.comという業者に売りました。自宅で待っているだけで切手を回収してもらえて現金ももらえるのは便利ですね。中国切手が何枚か入っていたので値段が随分良くなったそうです。